サイトを SvelteKit + Vercel に移行しました

    以前も少しだけ触れたのですが、サイトのリニューアル作業を少しずつ進めていて、このたびサイトを SvelteKit と Vercel に移行しました。

    このサイト「notozeki works」は、長らく Middleman という Ruby 製の静的サイトジェネレーター (SSG) と Netlify というホスティングサービスで運用してきました。Middleman も決して悪いツールではなかったのですが、昨今は JavaScript 製のフレームワークが盛り上がりを見せていて、私自身もそれらを使う機会が多くなってきたこともあり、このへんでえいやっと乗り換えてみることにしました。

    移行先のフレームワークには SvelteKit をチョイスしました。SvelteKit は SSG 的な使い方もできつつサーバーサイドの処理も書けるのがgoodです。似たフレームワークの Next.js と悩んだのですが、SvelteKit は現在進行系でお仕事1で活用しているのもあり、もっと詳しくなっておきたい意図もあって SvelteKit にしました。ホスティングサービスも SvelteKit と相性の良い Vercel に移りました。

    ところで、「移行した割に見た目変わってなくね?」と思ったあなたは鋭い。今回、とりあえずツールの移行をやりきってしまうことに主眼を置いたので、見た目的なところはほとんど前のサイトから引き継いでいます。未だに Bootstrap の v3 系2を使っていたりするので、いいかんげんデザインも一新したいですね。

    移行していろいろいじりやすくなったので、こんなことをやっていきたいなーと考えています。

    • デザインのリニューアル(脱 Bootstrap)
    • ブログのいい感じの OGP 画像を生成
    • イラスト置き場

    バグとか変なところとか見つけたら Twitter で教えてください🙏


    まったく関係ないですが今日はコミティアだったみたいですね。私は参加しなかったのですが、TL で盛り上がっているのを見ているだけでも熱を感じられました。

    おそらく今年中は間に合う気がしないのでサークル参加の予定はありませんが、何か作れればまた出てみたいなぁ。

    Footnotes

    1. このブログではあまり触れていませんでしたが、本職はソフトウェアエンジニアをやっています。

    2. 最新は v5 系なのでメジャーバージョンで2つも前のやつです。

    © notozeki 2022